インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。