読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

これはインプラント治療の大きなメリッ

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。