読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。