読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。