読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。