インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

保険適用外のインプラント治療にもおおよその

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。