インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れます

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。