読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。