インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。