インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

厳しい条件をクリアしない限り

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。