インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固め

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。