読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

今流行りのインプラント。一度埋め

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。