インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな治療でもそうですが、インプラント

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。