インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。