インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

喫煙が、インプラント治療の成否に及

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。