インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる技術として注

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。