読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントについて、簡単に

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。