インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプ

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。