インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

費用がかかるだけに、インプラン

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。