インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。