インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

がんばって終わらせたインプラント治療も、治

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。