読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

失った歯を再生する治療は何種

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。