インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでし

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。