読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。