インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ある程度の規模の歯科医院で、普通の

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。