読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

外科手術を受けたわけですから、イン

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。