読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にと

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。