インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、イン

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。