インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。

院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。