インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。