インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が適用されるケース

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。