読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。