インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。