読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前に治

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。

このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。