インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。