読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用さ

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

それは気にしないでください。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

そのため、MRI検査は問題なくできます。