インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるの

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。