読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

技術の進歩した今では、インプラント手術

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。