インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べた

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。