インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工物であるインプラントが虫歯に

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。