読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。