インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうにかして、インプラントにつ

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。