インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これ

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って生活を送ってください。

日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。