読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

言うまでもなく、インプラントにすれ

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。