読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。