インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯の装着に違和感があるという方、

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。