インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな完璧なインプラント治療で

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。