読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

今流行りのインプラント。一度埋

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。