インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も万能ではなく、基本的

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

そうなる理由として、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。