インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療も医療行為ですが、

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。